イオンモバイル 子供 スマモリ

スマモリ for イオン

イオンモバイルには、他のキャリアではキッズ携帯と呼ばれている、「子供専用携帯」はありません。
つまり、お子さんにも大人と同じ使い方ができる同じスペックのスマホを持たせることになります。
そこで、イオンモバイルでは「スマモリ for イオン」という親子に向けたセキュリティアプリを提供しています。

子供のスマホ利用で危険なこと

子供スマホ事件

スマホ依存

世界中の誰とでも繋がれるSNSや、インターネットには常に新しい情報が溢れています。
のめり込んでスマホ依存になると、トイレやお風呂にもスマホを持っていき、勉強中でも、布団の中で睡眠時間を削ってでもスマホを弄るようになってしまい生活に支障を来たす可能性があります。

いじめ

SNSを含めるインターネットなど投稿は、それが真実なのかや、相手の顔と名前すらわかりません。
こういう場所で、いじめが起きても大人には分からず、気が付くことができません。
また、SNSでのいじめは、そのまま現実でのいじめとなって事件につながってしまう可能性があります。

金銭トラブル

悪質なサイトによる架空請求詐欺。ワンクリック詐欺などがこれにあたります。
スマホの金銭トラブルは、アプリなどのソーシャルゲームによる課金からも発生します。高額に課金してしまい、請求が来て初めて両親が気が付くパターンが多いのですが、課金前に購入確認画面があるため返金されないこともあります。

見知らぬ人とのトラブル

SNSでは、年齢性別問わず世界中の誰とでもやりとりすることが可能です。
同じ趣味の誰かと情報交換するなど、本来の意図で使えば有意義なものなのですが、出会い系目的で悪用している人もいます。
そうすると、騙されて実際に会いに行ってしまい事件につながってしまいます。
また、何気なくSNSに載せた写真から、住んでいる場所や学校を特定され、トラブルになるケースもあります。
スマホ自体は危険なものではなくても、スマホをきっかけに大きな事件に繋がる可能性があります。
このため、ある程度の制限をかけて、被害を未然に防ぐといいでしょう。

スマモリでできること

スマホの利用時間を制限できる

たとえば、帰宅してから勉強時間にあてて欲しい時間まで制限をかける、就寝時間から起床時間まで制限をかけて睡眠時間に使うことを防ぐといった使い方ができます。
電話やメール機能はそのまま使用可能で、ブラウザ閲覧やアプリの利用時間に制限をかけるかたちになります。設定できる時間の単位は1時間です。

有害なサイトをブロックできる

アダルトサイトなど、子供にとって有害だとされるサイトをブロックし、閲覧できないようにします
ブロックするコンテンツはアダルト、掲示板、チャット、暴力、ギャンブルなど計11個のカテゴリーに分かれており、このカテゴリーに含まれないサイトでも個別で指定してブロックできます。

電子決算をブロックできる

電子決算をブロックすると、お子さんがひとりで課金してしまったり、ネットショッピングサイトの利用を防ぐことができます。

利用履歴が確認できる

ブラウザやアプリを閲覧、利用していた時間や回数など、履歴の確認ができます。
この履歴から、有害と判断したサイトを個別にブロックできます。

位置情報が確認できる

GPSで、簡単に現在地が確認できます。

家族間でメッセージのやりとり

家族のみで「家族間メッセンジャー」を使い、メッセージのやりとりができます。
こちらはチャットのようなものです。

スマモリを使うには

「スマモリ for イオン」のご利用は、月額371円です。
イオンモバイルでは、ご利用開始月から2年間(24ヶ月間)は無料となり、25ヶ月目からのお支払いとなります。
こちらはスマホを購入後、自分でインストールし設定するセキュリティアプリです。

ページトップ▲
トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法