ガラケーからイオンモバイルに乗り換え

ガラケーからイオンモバイルに乗り換え

イオンモバイルでもキャリアでも、ガラケーからスマホに乗り換える手順は同じです。
その前にまず、ガラケーからスマホに乗り換えてもガラケーが一切使えなくなる訳ではないことを知っておきましょう。
ガラケーはSIMがない状態になるため、通信はできません。メールの送受信、電話のやりとり、ウェブは一切使えなくなります。
今までのメールを見る、撮影した画像を見る、撮影した動画を見る、など通信機能を使わなくてもできる範囲のことはできます。
ですから、全てのデータをスマホに移動させる必要はありません。
ガラケーで撮影した画像などのデータを移動したい際は、SDカードかパソコンを通して行いましょう。

SDカードでデータ移動

ガラケーにマイクロSDカードを入れて、ガラケー本体に保存されている画像などのデータをSDカードにコピーします。
コピーが終わったら、ガラケーからマイクロSDを抜いてスマホに入れます。
こちらの方法だと、SDカードをそのままスマホで継続して使います。SDカードの空き容量が、たくさん残っているようでしたらこちらがおすすめです。
スマホで撮影する画像はガラケー時の画像より容量が大きいので、できれば16GBはあった方が良いでしょう。市販されているマイクロSDでしたら、最大64GBまで保存できます。

パソコンでデータ移動

パソコンを介す場合も、SDカードが必要です。できれば2枚あると良いでしょう。
ガラケーにマイクロSDカードを入れて、ガラケー本体に保存されている画像などのデータをSDカードにコピーします。
コピーが終わったら、ガラケーからマイクロSDを抜いてパソコンにさします。
マイクロSDカードはそのままではパソコンに入れられないので、カード型のアダプターかUSB接続するコネクターを使いましょう。
パソコンにSDカードを繋いだら、全データをパソコンに移動します。
続いてスマホをパソコンとUSBで繋ぎます。
スマホと繋ぐアダプターは2種類あり、1つは充電のための線、もう1つはデータ移動のための線です。後者を使いましょう。
スマホとパソコンが繋がったら、パソコンからスマホのフォルダが開いて先ほど移したデータを移動します。
この際、SDカードが2枚用意できていたらパソコンに繋ぐ前にスマホに入れておき、このSDカードにデータを移しましょう。

 

また、ガラケーに保存してあるアドレス帳の情報も必ずスマホに移動しましょう。
スマホでもガラケーと同じように電話やメールの送受信が可能です!

全てのデータが移せるとは限りません

残念ながら、一部のデータは著作権の関係でスマホに移動させることができません。
モバイルサイトからダウンロードした着うた・着メロなどの音楽データ、モバイルサイトからダウンロードした待ち受け画像などです。
また、これらのデータは通信できないガラケーからもいずれ見られなくなってしまう可能性があります。
スマホから新たにダウンロードするか、通信できるSIMをガラケーに入れれば見られるようになります。
ガラケー利用していた電子書籍類についてです。
こちらは、スマホでアプリ版などで同じサイト配信されていれば、アカウントを同期して再取得できるかもしれません。
もし、モバイルサイト版しか配信されていなかったら、スマホで見ることができません。
モバイル版ウェブサイトは、パソコンと同じ表示のスマホでは基本的に見ることができませんのでご注意ください。


トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法