イオンモバイル arrows M02

イオンモバイルの機種

arrows M02

いおんすまほ

富士通(fujitu)のarrowsシリーズの「arrows M02」です。
※アローズが大文字であること、小文字であることの違いは特にありませんが、小文字の「arrows」の方が新しい機種になります。
サイズは約141mm×68.9mm×8.9mm、重さが約149gです、M01より一回り大きいですが、薄くなった分軽量化しました。
前モデルよりこちらの機種の方が角が角ばったデザインになっています。
また背面にロゴ入りで、色も同じく黒との白で2色展開です。
他MVNOでは限定カラーが出ているものもありますが、イオンでの取り扱いは2色になります。
背面には「ウルトラタフガード」というフッ素コーティングが施されており、傷や指紋がつくのを防ぎます。
約5インチのディスプレイは、画面の縁がフレームのように凸しているため、落としても傷がつきにくく、画面側を下にして置いても画面が直に触れません。
ディスプレイは、有機ELでコントラストが高く色がはっきりと見えるのが特徴です。
バッテリーは2,330mAhと数値は下がりましたが、「ヒューマンセントリックエンジン」という富士通独自の省電力モードが使えます。
約140分で充電でき、電池が3日もつとされています。充電スタンド付きです。
容量は、RAMが2GB、ROMが16GBで、microSDカード対応です。
カメラは、背面のメインカメラの有効画素数が810万画素、前面のサブカメラが約240万画素と前機種より良くなりました。
シンプルなカメラメニューで直感的に操作でき、応答速度が早いため、高速な動画でもぶれにくいという特徴があります。
電話機能も新しく、さらに便利な機能がつきました。
通話時に、相手の声をはっきり聞き取りやすくしてくれる「スーパーはっきりボイス4」機能はそのまま残っており、また騒音でも自分の声を相手に聞き取りやすいようにしてくれる「スーパーダブルマイク」、相手が早口でも速度を落としてくれる「ゆっくりボイス」など新しい機能が追加されています。

スマホでブラウザやアプリを利用するとき、最初にIDとパスワードを設定してログインする画面が出てくるものがありますが、いちいちすべてにパスワードなどを入力するのは手間がかかります。
そこで、「パスワードマネージャー連携」という機能が便利です。
あらかじめIDとパスワードなどを端末に保存しておくと、パターンと呼ばれる最大9点を結ぶ動作をするだけでIDとパスワードが入力されます。
さらに追加された機能についてです。
防水、防塵はもちろん、海水などの塩水への耐久度が上がり、さらに極端な低温・高温地でも使用が可能になりました。
従来のスマートフォンは、真冬の極端に寒い環境などでは、充電はあるのに電源が入らなくなってしまったり、充電がとても早く減ってしまったりと作動しないことがあります。
逆に高温の環境では、本体が熱を持つため、こちらも充電の減りが早まります。
arrows M02はこういった高温低音、湿気の多い場所、気圧の高低が変化した環境下でも起動・使用可能だというテストを受けています。
さらに寒いときに手袋をしたまま操作できる「手袋タッチ」という機能がついています。
従来のスマホは、もちろん普通の手袋をしたままでは操作できないので、タッチペンを利用したり、わざわざスマホ対応の手袋を買わなければなりませんでした。
操作するたびに外すのは手間ですし、どんな手袋でもそのまま使用できるのはありがたいですね。
※手袋の素材による
スリープモードから画面をタッチすると、側面の電源ボタンを押さなくても立ち上がる「画面タッチでオン」機能と、画面をつけたまま、スマホをもっている時にスリープモードにならない「持ってる間オン」機能がつきました。
使用時の揺れや視線を検知して、地図を見ながら歩いている時でも画面が暗くなることがありません。
また、ホーム画面のアイコンは、個別で表示非表示の設定が選べるので、電話帳などのプライバシーを守ります。
おサイフケータイとBluetooth対応です。

追加された機能が多いので、M01とM02どちらを選ぶか悩んでいる方もいるでしょう。
M02は、元値がM01より高く、更に現在M01はスタートキャンペーンでセール価格になっているので、スペックや値段を見比べてください。
機能が増えたということは、多少M02の方が操作がややこしくなっている部分もあるでしょう。
安価でシンプルな使い勝手を求めるならM01、天候や場所に関わらず外出先でも使い込むならM02をおすすめします。

音声通話・データ通信ができる

音声通話プラン

プラン名 月額料金

音声500MBプラン

1,130円

音声1GBプラン

1,280円

音声2GBプラン

1,380円

音声4GBプラン

1,580円

音声6GBプラン

1,980円

音声8GBプラン

2,680円

音声12GBプラン

3,280円

音声20GBプラン

4,680円

音声30GBプラン

6,080円

音声40GBプラン

7,980円

音声50GBプラン

10,800円

音声通話プランのSIMカードはタイプ1となります。

音声通話プラン


選べるかけ放題

イオンでんわ 10分かけ放題

050かけ放題

イオンでんわ

 

1回の国内通話が10分以内なら、何回でもかけ放題。長電話しないという方におすすめです。 ※「イオンでんわ」のアプリからかけることが必須

 

「毎日家族に電話をしたい」「仕事で使うからたくさんかける」という方におすすめです。 ※「050かけ放題」のアプリからかけることが必須

 

専用アプリを使って、通話料もお得に。 ※「イオンでんわ」のアプリからかけることが必須

050かけ放題


データ通信ができる

データプラン

音声通話は利用しない、データ通信だけで充分な方へおすすめ!

プラン名

SMS機能なし月額料金

SMS機能あり月額料金

データ1GBプラン

480円

620円

データ2GBプラン

780円

920円

データ4GBプラン

980円

1,120円

データ6GBプラン

1,480円

1,620円

データ8GBプラン

1,980円

2,120円

データ12GBプラン

2,680円

2,820円

データ20GBプラン

3,980円

4,120円

データ30GBプラン

5,380円

5,520円

データ40GBプラン

7,480円

7,620円

データ50GBプラン

10,300円

10,440円

データプランは2種類のタイプから選べます。
 

SIMカード(タイプ1)

SIMカード(タイプ2)

申込初月

[料金]日割計算 [データ量]日割計算 [料金]日割計算 [データ量]月途中契約でも全データ量ご利用できます。

通信制限

高速通信時は速度制限なくご利用できます。低速通信時は3日間あたり366MBを超えると速度制限がかかります。 高速通信・低速通信ともに速度制限なくご利用できます。
データプランの「SMSなし」「SMSあり」の違いはなに? SMS(ショートメッセージサービス)とは、携帯電話同士で電話番号を宛先にして短いメッセージをやり取りするサービスです。SMS機能付きデータSIMカードをご利用いただくことにより、LINEなどの一部のアプリやサービスで、SMS認証がご利用可能になります。

データプランSMSなし


データプランSMSあり


2台持ちや、家族でまとめて使える

シェア音声プラン

ひとつのデータ容量を最大5枚のSIMカードで分け合えます。 下記月額料金は、音声通話SIMカード1枚、データ専用SIMカード2枚の場合の基本料金です。 2枚目以降のSIMカードに音声機能・SMS機能を付けることもできます。 4枚目、5枚目のSIMカードは、SIM追加利用料金として1枚につき200円/月が発生致します。

プラン名

月額料金

シェア音声4GBプラン

1,780円〜

シェア音声6GBプラン

2,280円〜

シェア音声8GBプラン

2,980円〜

シェア音声12GBプラン

3,580円〜

シェア音声20GBプラン

4,980円〜

シェア音声30GBプラン

6,380円〜

シェア音声40GBプラン

8,280円〜

シェア音声50GBプラン

11,100円〜

音声通話プランのSIMカードはタイプ1となります。 2枚目以降のSIMカードにSMS機能・通話機能を追加する場合の料金

データ通信SMS機能なし

データ通信SMS機能あり

音声通話

データ通信SMS機能あり

追加料金なし

+140円/月・回線

+700円/月・回線


イオン公式サイト


>>イオンモバイルはここがイイ!


>>iPhoneは使える?<<


>>イオンモバイルのスマホ<<



トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法