イオンモバイル 改定

イオンモバイルが新しくなる

2016年2月から新しくなったイオンモバイルでは、料金プランが新しく、更に便利になりました!

データ通信容量の繰り越し

今まで3つだったデータ通信のプランが、0.5GBから50GBまでで11の容量で区切られることなります。
余った容量は来月に繰り越しできるので、6GB契約で今月4GBまで使ったとしたら次の月は8GB使えるようになります。

高速と低速で通信速度の切り替え

通常、スマホは決められた通信容量に達すると、通信制限がかかって自動的に低速通信になります。
データ通信容量は、高速通信時に消費され、低速通信時は消費されません。
ですから、利用開始時から自分で高速と低速を切り替えると、通信制限にかかりにくくなります。
例えばテキストメインの軽いサイトを見る時は、低速通信に切り替えても問題なく閲覧できるので、積極的に切り替えて容量を節約しましょう。

“イオン”から格安SIMが出る?

今までのイオンモバイルのSIMは、単体で販売していたものがIIJmio、セット販売していたものがSo-net、b-mobile(日本通信の格安SIM)、BIGLOBEと他MVNOのものでしたが、新しくオリジナルのSIMが出ました。

シェア音声プランが新設

余った通信容量を、3台でシェアできるプランが新設されました。
このプランでは3枚のSIMが提供され、音声通話SIM1枚、データSIM2枚となります。
データSIMにSMSオプションをつけると1枚につき月額140円かかります。
また、データSIMを音声通話SIMにするには月額700円かかります。
繰越しも含めて、もっと無駄なくスマホを使えるようになります。

サポートがさらに充実!

今までは有料サポートとして電話で問い合わせに対応していましたが、新しいイオンモバイルではフリーダイヤルによる問い合わせに対応します。
また、有料サポートは電話だけでなく遠隔操作でのサポート、出張サポートサービスが追加されるようです。

ページトップ▲
トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法