イオンモバイル 子供 学生

お子様の初めてのスマホに!

ご両親がイオンモバイルを使っていてもいなくても、中高生のお子さんに初めてのスマホとして持たせるのにイオンモバイルを選択する親御さんが多いです。
理由はやはり、キャリアに比べて安価なことがあげられます。
高校生や大学生となると、携帯料金をバイト代などで携帯料金を払うようにというご家庭もあるでしょう。
それでも、家庭から携帯代がでているうちは、安価なイオンモバイルを使ってほしいと思っている親御さんが、「お子さんの初めてのスマホ」としてイオンモバイル(格安スマホ)を選びます。
お子さんが学生のうちは、なるべくスマホよりも学費や習い事の月謝などに費用を当てたいですよね。
また、いざ自分で払う年齢になって、お子さんがどうしてもキャリアがいいと思ってもイオンモバイルなら解約金がかかりませんし、少し厳しい意見として、子供からスマホを取り上げて解約していまいたい時だって解約金はゼロです。
イオンモバイルで取り扱っている以外の機種をお子さんがどうしても使いたいと言ったら、イオンモバイルでSIMだけ購入すれば希望した機種でも月額1000〜2000円程度で使えます。
端末に関しては、お子さんが主にどういったことをスマホでやりたいのかを聞いてから決定するといいでしょう。
端末はセール価格のものを除き、イオンで購入しても他のネット通販で購入してもそこまで金額が変わることはありませんが、イオンならWAONを使って購入できます。
兄弟がいるなど、お子さんが複数いるご家庭では、音声シェアプランで決まった容量を子供同士でシェアするようにすると公平に、お得に使えておすすめです。
同じ容量を2件契約するよりも、シェアプランがお得です!
学校や塾に通うなら、連絡手段としてもスマホは絶対に持っていた方がいいです。
確かに、スマホが原因で交友関係のトラブルが起きることがあるのは事実ですが、大切なのは使用時間などの決まりを設けて与えることです。
また、家族内でスマホを使う割合が増えるのをきっかけにご家族全員でイオンモバイルに乗り換えると、安い上に支払いが一括で出来るのでおすすめですよ。

子どもたちはスマホで何をしている?

圧倒的にSNS利用が多い!

お子様に個人のスマホを持たせるきっかけとなるのが、中学、高校への進学であることもあってか、未成年のスマホの利用は、SNS利用が圧倒的に多いです。
中学生だと、スマホを持っているのは半数程度ですが、高校生だと、およそ10人に8人の割合で個人用のスマホを持っているそうで、そのほとんどがライン、ツイッター、フェイスブックといったSNSを利用しています。
ラインは、グループトークが出来ること、メールよりも手軽にやり取りができることが人気で、今や携帯電話の基本機能である電話やメールに成り代わっていますね。
学校から帰宅してから、或いは休日でも友達と繋がっていられるので、はまってしまうようです。
ツイッターやフェイスブックは、友達だけでなく、世界中のユーザーの投稿をみることが出来るため常に新しい情報に溢れています。
こちらはそういった理由からいつまでも見ていられるため、つい長時間利用してしまう傾向にあるようです。

勉強に役立つように使う

スマホのツールのストップウォッチやアラームで、時間を図って問題を解いていく使い方をしているという意見もありました。
模擬試験のように、時間内で解ける練習ができるため、スマホが役に立つようです。

写真や動画を撮影する

SNS利用に通ずるものですが、SNSに投稿するための写真や動画を撮影します。
ツイッターが数か月前に動画が投稿できるようになったり、カメラアプリがエフェクトをかけたまま動画撮影ができるようにアップデートされています。
その日やったことを記録したり、友達に見てもらうために写真を撮ります。
SNSを利用している未成年には、SNSのみで繋がっている友達がいる場合があります。
さらに、そのうちの半数は、相手がどんな人なのか興味を持っており会ってもいいと考えています。
信用できる相手でないのなら、お子様が1人で会いに行くような状況は避けた方がいいでしょう。
また、写真や動画を投稿する際に、学校の制服、家の最寄り駅など、住所や学校が特定できるものを写してしまうと、そこから問題に発展するケースがあります。
SNSを利用する際は、誰なのか分かっている人だけが見られるように、アカウントに鍵をかけて非公開にしたり、個人名や学校名を出さないよう工夫して対策できます。


トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法