イオンモバイル 古いスマホにイオンのSIM

機種変前に使っていたスマホにも

スマホは毎シーズン新作が出ますね。
最近では、AppleがiPhoneについて寿命は3年であると発表して話題になっています。

 

古くなってきたスマホは、電池のもちが短く、動作が当初より重くなりがちなので、メイン機として持ち歩いて快適に使うには向かなくなります。
そのためスマホユーザーのほとんどは、3年程度で機種変更して、新しいスマホに買い替えるか古いままバッテリーを交換したり、ポータブル充電器を持ち歩いたりします。

 

この古くなったスマホ、機種変更後はSIMが入っていませんが手元に残している方が多いでしょう。
SIMは無くてもWi-Fi環境だけでブラウザを利用できますし、動画や写真を撮ったり、全てではありませんがアプリも使えます。
Wi-Fiに繋がるならアプリのアップデートもできるので、使えなくなる機能はごく一部です。

 

使えなくなるものは、機種変更時に、機種変更設定をして引き継いだアプリです。
今までの情報を新しい機種に移行したため、古いスマホでは使えません。

 

機種変更の設定が必要なくログインするだけで複数の端末でも使えるツイッターやフェイスブックなどの一部SNS、動画アプリ、カメラアプリなどは使えます。

 

また、故障していない限り、SIMを入れれば以前と同じ使い方ができるようになります。
古いものを自宅でのブラウザ利用専用機にしたり、ゲーム専用機にしてお子さんに渡すなどの使い方ができますね。
違うSIMを入れるので、機種変更の手続きが必要なアプリを入れなおして新しいアカウントで利用できます。

 

自宅で使う場合は常にWi-Fiに接続できる場合がほとんどだと思うので、ブラウザ利用や動画を見るにも上限がありません。
ですから一番安価な1GB480円のデータプランでも問題なく使えるでしょう。

 

SIMを入れれば外でも使えるようになるので、うまく利用すると新しい機種のバッテリーや通信容量の節約になりますね。

 

SIMの入っていないスマホは「白ロム」とよばれています。
機種変前に自分で使っていたスマホの他、中古のスマートフォンを取り扱っている中古携帯販売ショップで売っているスマホも使えます。
中古携帯販売ショップとは、専門のお店やリサイクルショップをことを指し、BOOK・OFFやGEOなどでも中古品のゲーム機に並んでスマホが販売されています。

 

 

SIMのみの購入については、こちらのページで詳しく説明しています。

ページトップ▲
トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法