イオンモバイル 乗り換え MNP転入

MNPとは?

MNPは、数年前から普及しているモバイルナンバーポータビリティのことです。
これによって同キャリア内の機種変更時だけでなく、例えば、ドコモからauに乗り換える時でも電話番号を変えずにキャリアと機種の変更ができるようになりました。
キャリアを使っていれば、Sメールはキャリアメールなので、docomo.ne.jpであったりezweb,ne,jpになっていますが、こちらは乗り換えられないためアドレスは変更することになります。
電話番号がかわらないため、LINEのIDが引き継げる、SMSメールは今まで通り送受信できるといったメリットがあります。

転出前に手続きを

イオンモバイルに転入するには、転出前のキャリアからMNP予約番号を発行してもらう必要があります。
解約する前の忘れずに手続きを済ませましょう。MNP転出には、解約料の他に転出手数料がかかるところがあるので、解約時には高額な手数料が必要になる場合があるのでご注意ください。
一度発行した予約番号の有効期限は15日間なので、その間にイオンモバイルを購入してSIMをセットしMNP転入を行いましょう。
もし希望する機種が店頭にないなどの理由で、有効期限の15日間を過ぎてしまったら、キャリアから再発行してもらうことになります。
各キャリアから予約番号を発行してもらうには、専門店での受付のほか電話から手続きをすすめることができます。

 

ドコモ 0120-800-00
au 0077-75470
ソフトバンク 0800-100-5533

 

こちらの電話番号から予約番号の発行手続きを行います。対応は午前9時から夜8時までです。

番号開通までにかかる期間

電話の開通までにかかる期間は、イオンモバイルの場合転入手続きを行った場所によって変化します。
イオンモバイルの公式サイトには、即日開通と記載されていますが、これはイオン店舗で購入できた場合のみです。
店頭で転入手続きをする時は、MNP予約番号とイオンモバイル購入のためのクレジットカード、こちらに載っている本人確認書類を持参します。
店頭で購入手続きが出来たとしても、機種が取り寄せであれば手元に届いてからの転入手続きになるので、それまでの期間が15日を過ぎそうであれば解約のタイミングをずらした方が良いかもしれません。
後日受け取りになっている店舗で購入される方は、店員さんにどのくらいで届くのか確認するようにしましょう。
平均的には、即日でなければ3〜4日、長くて1週間という期間がかかるとされています。
番号開通されない限り、音声通話が使えないためその期間は電話がつながりません。
もし何か電話が必要な重要な用事がある時は、タイミングを見て転入を行ってください。
心配でしたら、前もって用事の相手に転入で不通になる可能性があると伝えておくと良いですね。

音声プランの手続きは店舗で

2016年6月現在、音声プランはネットでの新規契約を一時停止しています。
再開の時期は不明ですが、音声プランの契約と、即日MNP転入は店頭で行うことになるので、本人確認書類などを忘れないようにしましょう。


トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法