イオンモバイル 機種変更

機種変更

機種変更の前に、「故障したスマホを交換する」のバックアップの記事をご確認ください。
同様の理由で、機種変更する前にもバックアップをとるなどの準備が必要です。
特に自動バックアップをオフにしていた場合は必ず行ってください。
イオンモバイルのセキュリティには、バックアップ機能はついていません。
ですから、バックアップはアプリやSDカードを使用して行います。

バックアップの取り方

  • アプリ
  • バックアップアプリは、GooglePlayからインストールして利用します。
    イオンモバイルにはありませんが、MVNOによってはセキュリティアプリにバックアップ機能がついています。

  • SDカード
  • 端末の設定画面から、SDカードメニューを開きバックアップをとります。
    SDカードに保存されている分のデータはそのままで大丈夫です。端末本体に保存しているデータのバックアップをとります。
    途中、容量がなくならないように、とる前にカードの空き容量を確認してください。
    空き容量が無ければ、新しいスマホ用にSDカードを新調しても良いでしょう。
    一番簡単なのはこの方法です。

  • Googleアカウント
  • アドレス帳の設定から、保存場所を変更、GoogleアカウントのGmailに同期すればバックアップがとれたことになります。
    新しい機種でGoogleアカウントにログインすればアドレス帳が同期されます。
    Googleアカウントでログインした、「Googleフォト」アプリにも本体の画像データをバックアップできます。

  • パソコンを使う
  • パソコンに繋ぎ、ハードディスクなどに中のデータを全てコピー、そのまま新しい機種に移します。
    原理はSDカードと同じですがパソコンの方が容量が大きく、フォルダのピックアップはやりやすいでしょう。

新しいスマホにSIMを入れ替える

新しいSIMフリースマホや、乗り換えたいキャリアのスマホなどのSIM挿入口を開きます。
今のスマホからSIMを抜く際は金属の部分をなるべく触らないように注意して抜いてください。
今まで使っていたスマホと対応しているSIMのサイズは同じですか?
小さいサイズだったらSIMアダプターを購入してください、大きい時はイオンモバイルでSIMの交換をしてもらいます。
交換となるので、その際は古いSIMは回収となるでしょう。
また、新しいスマホに変えるのでしたら、古いスマホは空になることがほとんどだ思いますが、白ロムとして使えるので処分せずに取っておくと良いですね。
さらにWi−Fiに接続できる環境が残っていれば、SIMを入れなくても使えるかもしれません。
SIMをうつしたら、初期設定をしてSDカードやパソコンからデータを読み込みます。
機種変更コードやパスワードを発行したアプリをGooglePlayなどからインストールして、各アプリの機種変更設定画面などから引継ぎを行ってください。
インストールして立ち上げたら、新規登録か引継ぎか選べるようになるアプリもあるので間違えないように設定してあげましょう。

ページトップ▲
トップページ イオンモバイルはここがイイ! iPhoneは使える? イオンモバイルのスマホ 支払い方法